ボトックスの注意点

ここではボトックス治療を受ける際の注意点についてご紹介します。注射治療の技術も日々進化していて、痛みが少ないようにボトックス注入で使われる注射針も細いものが開発されています。腫れあがることはあまりありませんが、血流がよくなると痛みが出たり、腫れてしまうことがあります。例えば、施術した日に激しい運動をすると可能性が高くなります。ランニングや水泳、筋トレ、エアロビクスなど体を激しく使う運動は避けた方がよいでしょう。ただじっとしていなければいけない訳ではなく、普段の生活する程度なら問題ありません。家の中を歩いたり家事をすることも可能です。激しい運動をすることでタイムダウンが伸びたりすることもあるので気をつけましょう。

また、ボトックス治療を受ける際のクリニックや医者選びも大切です。質の悪いボトックスを使用していたり、経験の浅い医師の施術が原因で、失敗がおこる可能性もあります。例えば短い期間にボトックスを何度も注入すると、足の動きが悪くなり歩くのに支障が出るケースや、効き目を高めようと過剰にボトックスを注入すると倦怠感や足が痺れてしまうケーする稀にあります。そういった失敗を招かないためにも実績のあるクリニックや信頼できる医師選びをしましょう。


ボトックスの施術

部分やせでボトックス治療を受ける際の施術についてご紹介しましょう。施術にかかる時間は大体15分くらいで、入院の必要もありません。メスなどを入れるわけではなく、注射で注入するだけなので短い時間で治療は終わります。注射は痛いから怖いという方も、麻酔クリームなどがあるので安心して受けられます。施術が終わった後、ごく稀に腫れてしまうケースもありますが、タイムダウンは短く通院は必要ないため、長い休みが無ければ受けられない施術ではありません。シャワーも施術した費用から浴びることができます。

ボトックスの効果は個人差だけではなく、注入する量や、医者の技術、使用の目的とその部分などさまざまな要因で変わってきます。3日目以降に徐々に出てくる効果は週を越すごとに顕著に表れて、およそ一ヵ月後に効果は最大限にみられます。数ヵ月後にはゆっくりと効果は弱まり戻っていきます。ボトックスの注射を繰り返し打つと、効果が持続する期間が長くなります。ふくらはぎの場合は、ボトックスを腓腹筋やヒラメ筋などに注入することで効果的にふくらはぎを細くすることができ、女性らしいしなやかな足へ導きます。スポーツをしていてふくらはぎの筋肉に悩んでいる方にもお勧めです。


ボトックスで部分やせ

気になる部分だけを細くするのはなかなか難しいですよね。例えばふくらはぎの筋肉だけ発達してしまい、女性らしい足ではなくて悩んでいる方もいるのではないでしょうか。そんなふくらはぎ、ボトックスで解消できます。

ふくらはぎは全身の体重を支えています。そのため筋肉が発達しやすいのです。しかもふくらはぎの筋肉は他と比べて痩せにくいという特徴まであります。そんなふくらはぎになぜボトックスが効くかというと、ボトックスによりふくらはぎの神経を麻痺させ筋肉の動きを抑制するからです。そうすることで筋肉繊維は細くなりふくらはぎを細く見せてくれます。ふくらはぎの筋肉を衰退させる治療なので、歩くことができなくなると不安に感じる方もいると思いますが、すべての筋肉を衰えさせるわけではなく、筋肉が発達しすぎた部分だけを衰退させるため普段の生活で使用する筋肉には影響が無く、歩くことも問題はありません。

部分やせでボトックスを使用する際の特徴があります。痩せるといっても、その効果は永遠に続くわけではありません。個人差はありますが、一度の施術で効果が持続する期間は大体半年ほどです。また、施術後すぐに効果が現れるわけでもありません。効き目が実感できるようになるのは、施術後3日目くらいからです。


美容皮膚科でボトックス

多くの美容皮膚科などで受けられる、ボトックス治療をご存知でしょうか。ボツリヌス菌から作られた毒素を弱めた薬で、筋肉の動きを抑える働きがあるため、たくさんの治療に用いられています。ここではボトックスを使ってどのような効果があるのかご紹介しましょう。

まずは利用頻度の多いしわ治療。とくに表情を作ったときに現れる目じりや額、眉間のしわ、表情じわ改善に効果があるとされます。一回の治療時間は大体5分から10分で終わり、施術後3日ほどでしわが徐々に寄りにくくなっていくのを感じられます。一週間を過ぎる頃には全くしわが寄ることなく、その効果は個人差もありますが長くて半年ほど続きます。細かいしわに注入すればハリが出ますし、深くなる前の予防にもなります。

片方の奥歯だけでものを食べる癖が付いていると、片方だけの奥歯の筋肉が発達してえらが張ってしまいます。ボトックスを注入することで、奥歯の筋肉を緩め頬をほっそりと見せてくれるため、小顔効果もあります。それからボトックスには汗の分泌を抑える働きがあるため、多汗症の治療にも使われます。手のひらや足の裏、わきの下などに注入することで、汗が出るのを防ぎ汗染みや臭いを解消します。夏前に受けることで夏が過ごしやすくなります。

そして部分痩せにも効果的です。痩せにくいとされるふくらはぎの筋肉にボトックスを注入すると、筋肉の働きを抑制するためふくらはぎがすっきりと細くなります。